音が「良い」「悪い」と言うときの判断には2つの面があります。
クオリティとバランスです。

端的にいうと、クオリティは好み以前の質の問題で、これはたいていどんな環境でも合意が得られます。
しかしバランスは好みや環境固有の影響が支配的に影響するので合意が難しくなります。

私たちが Muse Labs Tools を作っている時は、とにかくクオリティを最優先にしました。言い替えると「音数の多さ」「ノイズの少なさ」です。Player はターミナルよりも音数が多く、ノイズが少なくなった時点でひとまず完成したと判断しました。とくにシェルを csh にした時が最もクオリティが高くなります。

ただし、私たちは音楽鑑賞をするのですから、再生された音楽が心に届かなくてはいけません。バランスはそこに大きく影響してきます。環境によってはターミナルの方が心に届く場合もあり、むしろほとんどの環境ではそうでしょう。なので「MLTはターミナルより悪い」と判断されるのは最初から予想していますし、皆さんが無理に MLT を使う必要もありません。
(toposcope)
 


Comments


Your comment will be posted after it is approved.


Leave a Reply