すべての基準になるもの、という意味で「メートル原器」と表現することがあります。オーディオには、音の良し悪しを計るメートル原器が存在しません。この当たり前のことを(私たちも含めて)忘れしまい、自分のオーディオ環境があたかもすべての基準となるメートル原器であるかのように良し悪しを断定してしまうのがホームオーディオの怖さです。

もちろん「自分のオーディオ」は自分にとっての判断の基準であり、そこでの音の良し悪しを問題にして試行錯誤しているわけですが、それは極私的な判断であって、これがそのままあらゆるオーディオ環境に当てはまるわけではないことを忘れたくないものです。(つい忘れちゃうんですけど)

オーディオで大切なことは、差異を認め、尊重してお互いに楽しむことではないでしょうか。
 


Comments


Your comment will be posted after it is approved.


Leave a Reply