OS X は 10.6 でカーネルの 64bit 起動ができるようになりました。これで起動すると再生品質が跳ね上がります。しかしすべての機種で 64bit 起動できるわけではなく、できない機種もあります。
注意: 64bit カーネルに対応していないソフトウェア(ドライバ等)は動作しなくなるようです。よくご確認ください。

現時点で最初から(デフォルトで) 64bit になっている Mac は Xserve だけです。その他はすべて 32bit で起動します。

64bit 起動には2つの必要条件があります。
  1. CPU が 64bit に対応している
  2. EFI が 64bit に対応している
この条件を満たしているのは以下の機種以降のみです。
  • Xserve(Early 2008)
  • Mac Pro(Early 2008)
  • iMac(Early 2008)
  • Macbook Pro 15/17(Early 2008)
  • MacBookPro 15(ユニボディ・Late 2008)
  • MacBookPro 17(ユニボディ・Early 2008)
これらは起動時に「6」「4」キーを同時に押すだけで 64bit 起動できます。

「今起動しているのは 32/64bit どちらなのか」を調べるには、
/Applications/Utilities/System Profiler.app を起動して左カラムの「Software」を選択、右カラムに
「64-bit Kernel and Extensions:  No」と表示されれば 32bit で起動
「64-bit Kernel and Extensions:  Yes」と表示されれば 64bit で起動していることが分かります。

さて、実は上記機種以外でも(Apple は公表していませんが)64bit起動に対応しているものがあります。
それを調べるには、ターミナルで以下を実行します。

ioreg -l -p IODeviceTree | grep firmware-abi

対応していれば以下の文字列が表示されます。

    | |   "firmware-abi" = <"EFI64">

<"EFI32"> と表示されたら 64bit 起動はできません。諦めるしかありませんが、32bit で十分に良い音なので、使える Mac を無理に買い替えることはしないで、次の買い替えまでのお楽しみにしましょう。

ご自分の Mac が 64bit 起動可能だと分かったら、あとは EFI を 64bit に対応させれば OK です。
方法は、Macbook なら MacBook (late2008) を64bit起動する がわかりやすいです。
Mac mini は Snow Leopardを64bitカーネルで動作させる が詳しいですね。

お願い
EFI を 64bit に対応させる方法は、かなり難易度が高いです。くれぐれも自己責任でお願いします。
個別の質問にはお答えできませんので、どうぞご了承ください。

(toposcope)
 


Comments

たくぼん
06/13/2010 2:23am

いつも楽しく拝見させていただいております。
非公式な情報かもしれませんが、私のMacBook207Jですが、64bitで起動が可能でした。EFIの値も64になっております。

Reply
toposcope
06/13/2010 3:34am

2009年以降発売なら全機種で64bit起動可能…だったと思います。Mac mini がたしか一番遅くて early 2009 以降からだったように記憶しています。

OS のアップデートとか別ボリュームから起動とか、ちょっとしたことで 32bit に戻ることがあったりするので、時々確認した方がいいですね。

Reply

Your comment will be posted after it is approved.


Leave a Reply