Muse Labs の Player で最良の再生をする方法です。かなり風変わりですが、ぜひ試してみてください。

Download から Muse Labs Geek をダウンロードします。
中には3つのソフトが入っています。これらを適当な場所へコピーしてください。


1. RAMDisk をつくる

MLT RAMDisk
「MLT RAMDisk」を起動して「Make」ボタンを押します。
少し待つと「forCopy」「RAMDisk」という名前の2つの RAMDisk ができます。
  • 「forCopy」は、左のチェックボックスを OFF にすると作られなくなります。
  • 「RAMDisk」は、名前とサイズを変えることができます。ただし変更は保存されません。設定保存処理で音質劣化するので、あえてできないようにしてあります。


2. MLT Copy を「forCopy」にコピーする

「MLT Copy」は cp コマンドでファイルコピーをするソフトです。
  1. 起動すると選択ダイアログが表示されます。これはコピー元を選択するところです。ここで「MLT Copy」自身を選択して、[Choose] ボタンを押します。
  2. すると続けてまた選択ダイアログが表示されます。これはコピー先を選択するところです。先ほど作った「forCopy」を選択して、[Choose] ボタンを押します。

「MLT Copy」はコピー完了を待たずに終了します。コピーが完了すると下図のような状態になります。
Picture
「MLT Copy」は同階層に sh と cp があればそれを使うようになっています。/bin/sh や /bin/cp ではなく、 RAMDisk にコピーした sh と cp を使うのが、このギークな方法の重要なポイントです。


3. Player を RAMDisk にコピーする

「forCopy」の中の「MLT Copy」を起動します。
  1. 同じく選択ダイアログが表示されます。ここで Player 等の必要なソフトを選択します。[command]キーを押しながらクリックすると複数選択できます。[command+A] で全選択もできます。[Choose] ボタンを押します。
  2. 続けて選択ダイアログが表示されます。先ほど作った「RAMDisk」を選択してください。
コピーが完了すると下図のような状態になります。最初は3つの Player と Stop、MLT BufferCache をコピーするといいでしょう。
Picture

これで再生してみてください。音の硬さやノイズ感が激減すると思います。
3つの Player は同階層に各シェルと afplay があればそれを使うようになっています。これもギークな方法の重要なポイントです。

以下はさらに音質を向上させる方法ですが、必須ではありませんので、お好みでどうぞ。


4. バッファキャッシュを生成する

「MLT BufferCache」は cat コマンドでファイルのバッファキャッシュを生成するソフトです。ディスク上のファイルがメモリにコピーされるので、音楽ファイルをオンメモリで再生することができます。
  • 「MLT BufferCache」を起動すると選択ダイアログが表示されます。再生する音楽ファイルを選択して、[Choose] ボタンを押します。
「MLT BufferCache」は処理完了を待たずに終了します。したがって、いつ終わったのかが非常に分かりにくいです。音質を最優先にするとどうしてもこうせざるをえないので、あえてそうしているのですが、不親切にもほどがあると作者自身も思います。

いつ終わったのかを知るには、アクティビティモニタで確認してください。処理中なら cp がリストに表示されます。cp がリストから消えたときが処理完了です。これで再生してください。

バッファキャッシュは再生した後も大抵はそのまま残っているので、聴き終わったらメモリの空き容量を圧迫しないように Libera Memory で消去するといいでしょう。

なお「MLT BufferCache」は同階層に sh と cat があればそれを使うようになっています。ギークな方法で RAMDisk にコピーすることをおすすめします。
 


Comments

係長
06/06/2010 3:45am

「MLT BufferCache」についての補足です。

キャッシュへの転送終了が分かりにくいのは、あくまでも内蔵ドライブの
場合に限ります。
外付けドライブの場合はほとんどアクセスランプが付いていると思います
ので、アクセスランプの点滅終了時が転送終了となります。

Reply
一番星
12/12/2010 6:59am

皆様へ
mac airを購入してmacに最近乗り換えた初心者です。
FLACを再生できないものかとplayにたどり着き、afplayで喜び、最後は御社で正に唖然としております。
現在のmacは仕事で音楽専用にできないため、おすすめのチューンまでできないのですが、本当にすばらしいプレゼント、ありがとうございました。

Reply
sino
03/01/2013 6:19pm

はじめまして。以前から音の良さに惚れ込んで使用していますが、RAMDISKを作成しても、再起動をかけると消えてしまいます。保存されるにはどの様にしたらよろしいでしょうか?

Reply
toposcope
03/03/2013 2:39am

> sinoさん

再生方法に簡便さを求めると、かならず音が劣化してしまいます。

ここで紹介している方法は、音を良くするためだけのためにわざと不便なことをしています。それが「ギークな再生方法」と名付けた理由です。無意味に不便なわけではありません。

まあ、正直にいうと、ちょっとヘンな人向けですので、まともな人はこんな方法はめんどくさすぎるのでオススメしません(笑

Reply

Your comment will be posted after it is approved.


Leave a Reply