3つの Player には、実はこれまで公開してこなかった機能があります。

Player は再生に2種類の Unix 実行ファイルを利用します。シェルと afplay です。
シェルは「/bin/csh」「/bin/sh」「/bin/bash」、そして afplay は「/usr/bin/afplay」にあります。
通常はこれをそのまま使うのですが、私たちが確認したところ、それらが /bin や /usr/bin にあることで音質が劣化していることに気づきました。

そこで Player に「自分と同じ階層にシェルと afplay の Unix 実行ファイルがあればそれを使う」という機能を持たせました。私たちは RAMDisk に Player とシェルと afplay をコピーしています。さらにコピーする方法でも大きく音が変わるので、専用のソフトも作りました。Player はこの再生方法ではじめて真価を発揮します。

この風変わりな方法については、後日詳しく説明します。
(toposcope)
 


Comments


Your comment will be posted after it is approved.


Leave a Reply